ホーム > Blog記事一覧 > 2017 8月の記事一覧

当サロンのサポートについて

2017.08.23

今回は、当サロンのサポートについて、お話してみます。

その前に。

あなたは今まで「私のことを本気で応援してくれている」という人に、どのくらい出会ってきましたか?

両親やパートナー、親友はもちろんそうかもしれません。

ではそれ以外では?

僕は10年ほど闘病、療養生活を送った経験がありますが、僕のことをほんとうの意味で応援してくれたのは、家族・親戚と親友や仲間のみんな、そして当時の彼女でした。

みていただいた治療家の先生や医師で「ほんとうに僕のことを応援してくれているなぁ」と実感したのは、東京大田区の松井病院食養内科N先生と、AクリニックのF先生、ともにドクターでした。

偶然知り合った兵庫県の手作りパンやさんのTさんにも、まったくの他人である僕を家族同様に扱っていただき、ほんとうにお世話になって感謝しています。

僕自身、たくさんの方々にお世話になり、応援していただきながら、何とか・・ながらも回復して、やがてすっかり健康と元気を取り戻すことができました。

そのときに僕が誓ったこと。それは・・・

「今度は僕が、身体のことで悩んでいる方を本気で応援するプロになる」

ということでした。

ほとんどの治療院、病院は、もちろん治療はしてくれますが、そこまでです。

僕からみると、「ビジネスライク」に思えてしまいます。

そもそも治療だけで、ほんとうの意味で健康になるのでしょうか?

経験者の僕としては、それは「むずかしい」と思います。

なぜなら、病気や不調をつくった「原因」がそのままになっていることが多いからです。

では、どうしたら「根本原因」を取り除くことができるのか?

そのためには、個別なサポートが必要です。

なぜなら、みんなひとりひとり、原因も解決法も異なるから。

僕は、経験者としてそのことがよくわかってるからこそ、徹底した「個別サポート」にこだわっているのです。

はっきりいって、中途半端な応援、サポートでは、根本は変わりません。

僕はこのサロンで、皆さんに「健康とかダイエットに全然関係なさそうなことでも、気軽に相談してください」と伝えてあります。

関係なさそうなことほど、じつは、すごく関係があるからです。

そして、僕が「本気」だからです。

本気で、皆さんに変わってほしい、望みどおりの身体と人生を手に入れて夢を叶えてほしいと思っているからです。

「根本治療」と言っている人は多いですが、根本的に身体を変えるのは、そう簡単なことではありません。

簡単ではないですが、途中であきらめずに続ければ、必ず変わります。

僕は、かつて自分がほんとうに悩んでいたころに「こんな場所があったらいいな」と思っていた場所を、このサロンで再現しようとしています。

まだまだ進化の途中ですが、当サロンに通っていただく方は、徹底的に応援させていただきます。

下がらなかった血圧が下がりました!

2017.08.22

今回ご報告いただいたのは、埼玉県にお住まいのKさん(50代女性)。

今年の春、2ヶ月間、週4日の当サロン集中コースに参加、整体やサポートを受けていただいた結果。

「劇薬」レベルのクスリ(降圧剤)を飲み続けてもまったく下がらなかった血圧が・・・

まず「血圧のクスリはなかなかやめられない」という常識を疑い、医師の診療のもと、おもいきってその強いクスリをやめることを決意されたKさん。

なんと、新しい医師からは「そのクスリはやめて正解」と言われたそうです。

そして、代わりに少し弱いクスリが出たのですが、Kさんは「飲んでも飲まなくても変わらない」と、そのクスリもやめてしまいました。

※勝手にクスリを減らさず必ず医師の指導のもとでクスリは調整してください。

その後、血圧はほぼ正常値ながら多少、上下していたのですが、昨日来院後に、こんなメールと写真がKさんから送られてきました。

「夜分遅くにすみません。血圧が130を切りました。おやすみなさい。」

血圧のクスリは急にやめてはいけない、という常識をうたがって、おもいきってやめる決心をしたKさん。

そんな勇気のあるKさんのことを、僕も全力でサポートさせていただきました。

本来、決しておすすめできるやりかたではありませんが、Kさんの決意にたいして僕も覚悟を決めて応援することを決めました。

その結果、血圧のクスリを「やめる」ことで、劇薬レベルのクスリを飲んでもどうしても下がらなかった血圧を下げることに成功したのです。

一緒になって本気で取り組んだからからこその、今回の結果だと思います。

パニック障害克服体験記(2)

2017.08.19

一年浪人が決まったころはほとんど体調もよくなり、予備校に通いながらさすがに本気で勉強した。

その結果、無事、地元の公立大学に合格。大学生活スタート。

当時、教員をめざしていたので、通常の授業のほかに教職課程もとり、さらにどうしてもやりたかった音楽をやるために大学のサークルである「軽音学部」へ。

僕はピアニストで、当時まったく興味がなかったジャズをやっている先輩Mさんに強引に?勧誘され、「モダンジャズ研究会」に入ることに。

通常の授業、教職過程、軽音学部、ジャズ研、さらにアルバイトと多忙な大学生活の始まりとなった。

大学は実家から車で片道50分くらいのところにあり、実家から車通学、アルバイトやサークル活動で夜中に帰宅(時には明け方帰宅)、という生活が増えていった。

かつてないほど元気になった僕は、調子にのってどんどん音楽活動を増やし、

人並みに彼女もできた僕は、さらに忙しくなり、ほとんど実家にも戻らずつねに睡眠不足状態。

スケジュール帳をつねにいっぱいにするクセがついていった。

そんな大学2年のある、雨の夜。

友人の運転で車で出かけ、夜中になって家に戻る途中・・・

調子にのって車を飛ばしすぎた友人は、目の前の信号が赤になったので急ブレーキをかけたところ車がスリップ。

右車線を走っていた車が、僕と友人が乗る車に突っ込んできた。

別の車に突っ込まれて大きな衝撃を受けた友人の車は大破。

幸い僕と友人は大きなケガはなかったものの、友人は腰をいため、僕はむちうち状態に。

この事故が、後になって、僕の健康状態に大きな影響を与えることになった。

「歳とともに枯れてるな・・」と感じたら

2017.08.17

当サロンは、2年、3年・・長い方は5年、6年、それ以上通ってくださっている方が多数いらっしゃいます。

30代、40代の女性がいちばん多いのですが、「私にとっての軸となる場所」「自分を見直す場所」など、皆さんそれぞれ目的や理由があって通ってくださっています。

長く通っていただいている方には、共通する特徴があります。

それは・・・

●年々、進化している

こと。

身体だけにかぎらず、人生全般において、です。

ふつう、特になにもしなければ、人は年々老化し、不調が増え、おなかまわりなどには余計な脂肪が増え、

新しいことへの意欲や好奇心を失っていきます。

だんだん枯れていくのです。

でも。

当サロンにいらしていただいたからには、まるで逆になっていただきます。

歳を重ねるほどに、身体も人生も良くなっていくのです。

なぜそうなるか?というと、代表である僕自身が今より進化をつねに心がけ、さまざまなことを実践。

これはいいな!と思えることは、すぐに皆さんに提案しているからです。

身体に関することはもちろんですが、僕自身が「夢や目標を叶える方法」をずっと研究、実践してきているので、そこを、カウンセラーやコーチとしてサポートできるわけです。

健康になる、やせる、だけじゃ、もったいない。

仕事、恋愛、結婚、パートナーとの関係、趣味・・・

もっともっと、人生はよくなるのです。

「自分、だんだん枯れてるな・・・」と感じたら、気軽に僕にご相談ください。

パニック障害がなかなか治らなかった理由

2017.08.16

今回、まずは僕の失敗談から。

パニック発作や自律神経失調症状に悩まされるようになったとき、当時の僕は、つねに「外側」に解決法をもとめていました。

外側とは、治療、医療、漢方薬、サプリメント、優秀なセラピスト・・・だけでなく、あまりによくならないので霊能者のお世話になったことも一度や二度ではありません。

とにかく、他のだれかやモノ、が自分を治し、癒してくれると信じて疑わず、つねに自分にぴったり合う本物を求めていました。

その過程で、すばらしい治療家の先生やドクターに出会い、いい影響を受けることができましたし、漢方以上に効果のあるサプリメントに出会うこともありました。

でも、あるところから、それ以上どうしても健康になれない。

そんな壁にぶつかったのです。

前よりは元気になったけど、まだ少し無理するとパニック発作が戻ってくる。

つねに身体のどこかが調子悪い。

つねに不安がある。

おそらく、いろいろめぐり歩いているけどなかなか体調がよくならない、という方は、当時の僕と同じような感じではないでしょうか?

では、当時の僕には何が必要だったのか?

それは、「自分の内面を見直す」ということでした。

ようやくそのことに気づいてから、僕の健康は急速に回復していったのです。

身体を変えるために大切なこと

2017.08.15

僕は今まで何度か「健康を回復するのも、やせるのも基本は同じ」という話をしてきました。

共通点はたくさんあるんですが、いちばん大事なのは、

身体を変える=人生の見直し作業

という考えかたです。

単に、こうしたら●●が良くなる、とか、こうしたらやせる、とか、そういった単発的な、表面的な情報はいくらでも手に入ります。

テレビでもネットでも、もちろんタダで。

もしくは1000円くらいの本でも。

で、たしかに、やればそれなりに結果は出ます。

でも、肝心な「マインド」とか、根本がそのままなので、結局すぐにもとに戻ってしまいます。

多くの人は、このサイクルをくりかえしているんです。

これは、自分自身の療養体験や、整体師として指導してきた経験からハッキリ言えます。

では、なぜ身体に不調が多くなったり、太ってしまったり、望まない状態になってしまったのか?

理由は、日常のくりかえし、積み重ねの結果です。

それは、あなたが悪い、というわけではありません。

正しいやり方、考え方を学ぶ機会がなかっただけなのです。

まじめな人ほど、一所懸命に行動するため、かえって望まない方向に向かっているんです。

当サロンに4年ほど通ってくださっているNさんは、人並み以上に元気ですが、ほとんど毎週欠かさず通ってくださっています。

その理由を少し前にお聞きしたら「このサロンは自分を見直す場所になっている」ということでした。

ほんとうに大事なのは「方法」ではありません。

それは、パニック障害や自律神経失調でも同じ。

ほんとうに大切なのは、どうしたら私が治るのか?という「方法」じゃないんです。

「方法」は、数かぎりなくあります。

方法をいくら求めたところで、なかなかうまくいきません。

そうではなく、自分自身の「ありかた」を見直すことが必要。

つまり、最初にお話した「人生の見直し作業」が必要なのです。

当サロンでは、もちろん施術や食生活のアドバイスなど「具体的方法」も提供しますが、それ以上に見直し作業をサポートさせていただいています。

「ここまでしてくれる場所は他にはない」と言っていただくことが多いのですが、そもそも僕は、他では受けられないサポートをこのサロンで実現しようとしてきましたし、これからもそうしていきます。

男性のサポートについて

2017.08.10

当サロンは基本、「女性専門」サロンとなります。
男性の方もいらっしゃるのですが、紹介の方のみとさせていただいていました。

先日は、前のサロン(東京練馬区でのサロン)時代に通ってくださっていたHさん(70代男性)が、10年ぶりくらいでネットでこのサロンを探し当てて遠方からわざわざいらしてくださいました。

練馬サロンをやめる前にHさんは別の場に引っ越されてしまったため、ご挨拶もできなかったのです。
Hさんはうちのサロンの名前を忘れてしまい、ようやく思い出して訪ねてきてくださった次第です。

とにかく腰が痛くて寝返りもうてない、眠れない、といことでかなりお困りのようでしたが、一度施術を受けていただいたら、その日の夜は1回もめざめずにぐっすり眠れたそうです。

「再会できてよかったー」と、しきりに喜んでいただきました。

最近、Hさんのように、男性からの施術、サポートのご要望をいただくことが時々あります。

男性にとって、心身のコンディションは仕事に直結します。

特に個人の経営者、起業家の方にとっては代わりがいないことが多い分、コンディションは非常に重要。

そこで、サラリーマンや起業家、経営者の男性で心身の不調やなかなかとれない疲れなどにお困りの方は、ご希望があれば施術、サポートさせていただきますので、ご連絡いただければと思います。

パニック障害を克服されたヒロコさんインタビュー

2017.08.08

新着情報でもご紹介しましたが、ブログにも書きます。

当サロンに通われ、長年のパニック障害を克服、40代半ばにして「今がいちばん幸せ」というヒロコさん。

ヒロコさんが「どこに行っても良くならなかった」というパニック障害をどう乗り越えたのか?ということについて整体サロンやすらぎどう院長、渡辺が初めてインタビューしました。

今回は初の企画ということもあり、インタビュアーの僕が慣れず(苦笑)とても簡単なインタビューでしたが、今後もう少しくわしくお話をうかがっていきたいと考えています。

今パニック障害でお悩みの方にとっては、やはり実際にパニック障害を経験、のりこえた人のリアルな声がいちばん、励みになると思うのです。

では、音量が小さく短い時間ですがインタビュー映像をご覧ください。

https://youtu.be/97uVODqrBCI

女性の「健康」と「キレイ」は同時進行!

2017.08.08

当サロンには、健康面で悩む方より「やせたい」「もっときれいになりたい」という女性の来院が多くなっています。

健康面はもちろん大事ですし、すべての基本。

今、すごく体調が悪かったら、まずはその解消が最優先です。

同時に、女性は「やせていたい」「もっときれいでありたい」「かわいい女性でいたい」「もっとおしゃれを楽しみたい」という願望がかならずあります。

当サロンでは、現時点で体調をくずしているとしても、ダイエットや美にも同時進行で取り組まれる方がとても多いです。

女性は、単に「健康になりたい」だけでなく「きれいになりたい」も目指す方が、変化が早いのです

当サロンは、ダイエット整体や無理なダイエットをしないでやせるためのサポートを得意としています。

さらに今は、ダイエットでない「ボディメイク」も始めています。

ですので、今、体調をくずしているけれどやせたい、キレイになりたいという方は、両方、同時進行で取り組んでいかれることをおすすめします。

もちろんそこは当サロンがもっとも得意とするところですので、しっかりサポートさせていただきます。

 

ダイエットサポートに関しては、サイトも分けましたので、やせたい方は以下のサイトをご覧下さい。

●ダイエットサポート専門サイト http://yasuragido.com/

パニック障害克服記(1)

2017.08.04

僕が初めてパニック発作を経験したのは、高校1年のとき。

当時、休日になると自転車で峠を攻めたりしていたがそれでは足りず、当時めずらしかった自転車レースに初参加して入賞するほど元気だった。

初入賞で調子にのってしまい、すかさず次のレースに参加。それが無理だったのか、その後風邪をひき、こじらせてしまった。

その後から、つねに身体の不調を感じるようになり、学校の授業中に息苦しさや動悸がおこり、保健室へ・・ということが増えていった。

さらには夜中、睡眠時にも発作がおこるように。

学校の体育の授業はほぼ見学。自転車通学もできなくなり、しばらく親に車で送り迎えしてもらっていた。

当時は「パニック障害」などという症状は知らず、心臓が悪いのかと思い病院で心臓の検査を受けたりもしたが、もちろん、異常なし。

幸い、当時お世話になっていた鍼灸師の先生の治療で、少しずつ回復。

同時に東洋医学や自然療法を独学で学び、実践。

高校を卒業するころには、だいぶ元気になっていた。

ただ健康面の問題から勉強に集中できず、現役での大学入試はすべてダメで浪人が決定した。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒359-1123
埼玉県所沢市日吉町28-19-201 サンライズマンション

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用願います

予約について

メール予約・フォーム予約・電話予約が可能です。(できるだけフォームまたはメールでお願い致します)

休診日

不定休