存在感のある女性になる

時々、

・時々、他の人から下に(低く)見られる

・(ある人から)なめられている気がすることがある

・自分が言うことを他の人に受け入れてもらえないと感じることがある

といった相談をいただくことがあります。

これは、僕自身、以前に経験があるのでよくわかります。

では、どんなとき「自分は低く見られている」と感じるようになるのでしょうか。

・自分に自信がない

・心や身体が弱っている

このようなとき、いわゆる「オーラ」の部分が弱くなり、人間関係がどうもうまくいかない・・という状況になりがちに。

僕も大学時代、元気でエネルギーにあふれていたときは、友人もたくさんいて、音楽活動で活躍していたので、自信もみなぎっていました。

ところが、体調をくずして身体が弱ると、友達はどんどん減り、やがてお付き合いしていた当時の彼女まで、去っていきました。

ほんとうに、孤独になってしまったのです。

そんな状態が何年も続き、嫌気がさした僕は、なんとかして自分を変えたい、自信を取り戻したいと思い、いろいろな行動を始めました。

結果として、自分に自信を取り戻し、存在感を高めることに成功したいちばんの方法は・・・

すばり、

「身体を鍛えること」

でした。

いくら気持ちの面で自分に軸をつくろうとしても、身体に軸がないと難しい。

ココロと身体は、一体なのです。

ですから、もしあなたが、存在感や影響力のある女性になりたいと思ったら、まずはどんな手段でもいいから、身体を鍛えてみてください。

身体を鍛える、といっても、ハードに鍛える必要はありません。

自分に合った、楽しく気持ちよく続けられることでいいでしょう。

身体を鍛える習慣ができてくると、人間関係が劇的に変わることを経験できるはずです。

関連記事一覧

  1. 032

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP