ホーム > Blog記事一覧 > 健康のお話の記事一覧

良くなるまでの期間について

2017.10.16

サロンに来院される方から、時々

「私はどのくらいでよくなりますか?」

と聞かれることがあります。

よくなるまでの期間については、かなり個人差があるので一概にいえませんが、今回はめやすとしてのお話をしていきます。

まず身体のコンディションについて。

身体は、「かなり健康」「まあまあ健康」「半健康」「半病(未病)」「病気」という段階があると僕は考えています。

大きくわけると「健康」「未病」「病気」です。

同じ健康でも、いろいろな段階があるわけです。

当サロンに来院される方の多くは「半健康」「未病」の方ですが、病気の段階までいっている方も来院されます。

病気とは、自覚症状だけでなく病院ではっきりした診断がつき、検査でもあきらかに異状がみられる状態。

病気までいくと、改善にはそれなりの期間が必要です。

パニック障害や自律神経失調症は、「半健康」「未病」の段階。

僕自身の経験から、日常生活に見直しポイントがあることを教えてくれたり、身体がほんとうの病気にならないように防いでくれている状態が、パニック障害や自律神経失調の症状だととらえています。

「今まで病気知らずだったのに、いきなり大きな病気がみつかった」という話をよく聴きますが、それは体力があり身体の感覚が鈍っていたため、症状として出なかった(感じなかった)だけかもしれません。

病気になるまえに、いろいろな不調を感じているはずです。

症状そのものが病気でも悪いわけでもないのです。

ただ、症状が出るとかなりつらいため、少しでも早く解放されたい、というのはよくわかります。

問題は、身体やメンタルに不調が出てきたときにどう対処するか?どんな方法で症状を良くしようとするか?ということです。

身体は、バランスのくずれをわざわざ「症状」「不調」として教えてくれています。

これを、一時しのぎの方法で症状だけおさえようとすると・・・

根本的な原因はそのままになってしまいます。

言い方をかえれば、症状がおさまったから終了!というわけでもないのです。

原因にたいして、しっかり対処できてはじめてほんとうに「良くなった」という段階です。

ということで、まとめると・・・

症状をおさえることは、多くの場合、それほどむずかしくない(もちろん時間がかかることもあります)

☑ほんとうに健康といえる状態になるには「根本原因」を改善する必要がある

ということです。

したがって、本当によくなる、健康になるには、少なくても3ヶ月、半年から1年くらいはみておくといいでしょう。

それは、人生単位で考えれば、決して長い期間ではないと思います。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒359-1123
埼玉県所沢市日吉町28-19-201 サンライズマンション

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用願います

予約について

メール予約・フォーム予約・電話予約が可能です。(できるだけフォームまたはメールでお願い致します)

休診日

不定休